ドラマ 日日是好日 感想

毎日が良い日 雨の日も、晴れの日も、雪の日も その日その日に良さがある 日々その違いを五感で感じる 同じ日など一日もない 毎日似たようなことの連続 でも少しずつ違う 違うことの連続 だから日々その違いを楽しむことができる それが日日是好日

罵倒の練習

タンポポのワタに包まれて〇〇 30匹の子猫に懐かれて疲れて〇〇 無数のピンポン球に打たれて〇〇 わたあめのどにつかえて〇〇 水たまりで溺れて〇〇 砂浜でカニに挟まれて〇〇

罵倒の練習

タンポポのワタに包まれて〇〇 30匹の子猫に懐かれて疲れて〇〇 無数のピンポン球に打たれて〇〇 わたあめのどにつかえて〇〇 水たまりで溺れて〇〇 砂浜でカニに挟まれて〇〇

ヒエラルキー下位に存在する人間の性欲に対する罪悪感

ヒエラルキー下位に存在する人間は上位のものよりテストステロンの量が少ない。そのため、性欲が少ない傾向にある。また、下位のものが性欲を発散する場合、罪悪感が生じる。これは動物界において自然なことなのではないかと考える。上位のものを差し置いて…

自己啓発とビジネス書の違い

自己啓発とビジネス書の違いについて思ったこと。自己啓発書とビジネス書との定義が曖昧になっているがご容赦ください。自己啓発書では感覚的に表現された成功法則といったことが書かれていて、ビジネス書には論理的に考えた結果、統計的に出されたデータに…

日本語が最強のリベラルアーツ

物事を考える上で言葉が必要だ。そしてその言葉を使うための論理ももちろん必要になってくる。私たちが思考する時には日本語で思考する。つまり、どの分野でも場面でも思考する場合には日本語を使う。だから日本語を正しく使えるようになれば思考能力が深ま…

日本語が最強のリベラルアーツ

物事を考える上で言葉が必要だ。そしてその言葉を使うための論理ももちろん必要になってくる。私たちが思考する時には日本語で思考する。つまり、どの分野でも場面でも思考する場合には日本語を使う。だから日本語を正しく使えるようになれば思考能力が深ま…

日本語を勉強し直すに至った経緯

私は悩みが多い毎日を過ごしている。そのため考えて答え出したいのだが、さてどう考えたらよいやら分からない。それはなぜなのか、考えるための言葉を持っていたなかったためだ。だから、日本語を勉強していき言葉を身につけること。これが急務である。今気…

文章を構成する最低単位

主語と述語と目的語で最低限の意味は伝わるが、ただ一つのものとして捉えることができない。例えば以下の文 私はご飯を食べる。 ごく普通のありふれた文だがツッコミどころはある。 何を食べたのか。 誰と食べたのか。 どこで食べたのか。 どうやって食べた…

生きるために死を意識しろ

岡本太郎 自分の中に毒を持て ただ安心安全に乗っかってのうのうと過ごしていては生命の輝きが見えてこない。本当に死に向かいあってこそ芸術である。ここでいう芸術とは、自らの魂を輝かせるものだと思う。死があるから生が引き立つ。つまり、死が近いほど…

感想

日本語力人生を変えるメソッド、出口 汪 レトリックとは言葉を同じ意味になるように表現を変えるという方法。 例えば、比喩がそれに含まれる。 事象をのみを捉えるだけでなく枠組みでとらえるというのはどういうことだろうか? リンゴが落ちる。←事象 葉っぱ…

感想

本屋に行くと毎回発見がある。つい毎回目に止まったものを買ってしまうが、消化し切れてないので本屋に行きすぎないこと、これが大事、なんて幸せな悩みだよ。 毎回、なんか面白そうな本を見つけてしまう。あ、これためになりそう。と思って買う。今日は日本…

感想

本屋に行くと毎回発見がある。つい毎回目に止まったものを買ってしまうが、消化し切れてないので本屋に行きすぎないこと、これが大事、なんて幸せな悩みだよ。 毎回、なんか面白そうな本を見つけてしまう。あ、これためになりそう。と思って買う。今日は日本…

仕事嫌ならやめちまえ

仕事嫌ならやめちまえ なんで我慢して仕事してんの そんなん続けてたっていいことないよ、だって仕事って人間関係なんでしょ? その人たちとこの先、関係を続けていきたいの?そうじゃないんでしょ。 だったらさ、とっととやめて他に行ったらいいじゃない。 …

感想

最速で10倍の結果を出す他力思考 自力思考、他力思考、自分の力でなんでもやろうとすると苦しい地獄に身を投じることになる。なんか、他力思考っていうと人に頼りっきりみたいで嫌なんだけど、そういう話じゃなくて苦手なことは得意な人にお願いして自分は得…

感想

最速で10倍の結果を出す他力思考 自力思考、他力思考、自分の力でなんでもやろうとすると苦しい地獄に身を投じることになる。なんか、他力思考っていうと人に頼りっきりみたいで嫌なんだけど、そういう話じゃなくて苦手なことは得意な人にお願いして自分は得…

無知の知

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥というがあれはどこかずれている。 人間必ず知らぬことの一つや二つ持っているはずだ。 そう考えると人類全員が恥を晒しながら毎日生きているということになる。 なんという羞恥プレイだろうか、毎日自分の中に恥を隠しながら…

信念

信念とはそれが正しいと固く信じ込んでいる心 彼の信念はどこにあるんだろうか。自由に生きること。好きなようにやること。それだけ?浅い、浅すぎる。 自由とは例えばなんだ、場所に縛られないこと、職業に縛られないこと、付き合う相手を選べること、なん…

知覚動考

GACKTの知覚動考について 人が行動するまでの過程を主に4つに分けると知る、覚える、考える、行動する。だというだがこの順番を「知る」、「覚える」、「行動する」、「考える」にすると身に着けるのが早い。自分自身に当てはめてみると「覚える」、「考える…

やりたいことを実現する力

物事を成し遂げるために必要な要素とは 成し遂げたいこと、実現したいことがあること。 目標を成し遂げる方法、手順が分かっていること。 作業をする時間、労働力があること。 難しい作業であれば技術があること。 主に上記の条件が揃っている場合実行に移せ…

情報という磁力に惹かれて

大量のものであふれたこの世界で人類は自らの嗜好に合うものを選択していく。そして同じものを好む人々で集まり、集団を形成する。それは会社かもしれない、サークルかもしれない、はたまたオンラインサロンか。いくつかの集団を転々としていずれあるところ…

日記

統計機械学習の次に何が来るか考えてみる。(ちょっと調べた知識で妄想してるだけです) 統計機械学習では人間の熟練の経験によって得られる勘のようなものを機械に学習させることで再現する手法である。このことから単純作業によって培うことのできる勘は機械…

日記

機械学習について少し調べたので断片的な記憶からどんなものか説明していく。 機械学習とは収集したデータから相関関係にある情報を予測していくもの。例えば、気温とプールの入場者の関係だとか、一週間の運動時間と病気のリスクの関係だとかそういったとこ…

映画感想

The true manshowを見て この世界が嘘偽りで作られた世界、周囲の人間たちが演技臭いと思ったことはないだろうか。いったい彼らは何を目的として生きているんだろう。彼らは何を楽しみに生きているんだろう。自分はまるで狭い小屋の中に閉じ込められているん…

ダサくならないコーデの法則

MBさんの「オシャレの教科書」を読んだ。 これさえ守ればダサくならないという法則があってそれを守ればそこそこいけてるコーディネートになるという使い勝手の良いわかりやすい知識が書かれていて役に立った。これからは服選びをするうえでこの法則を意識し…

ただ前へ進む。

鏡の前で見る自分がとてつもなくダサいと思う。着る服を変えると割といけてるんだなっていうことに気が付いた最近。そんなことから自分の価値は自分で決めるという話を思いついた。 自分の中で自分の価値、評価が低いとその通りになってしまう。自分はこんな…

日記

もっとこの世界が面白くなるためにできること。 どうしたらこの世界はもっと面白くなるだろうか。まず自分にとって面白い世界とはどんなものか。おもろい人がいる。芸人とかなんかいろいろその道のプロはたいてい面白いなって思わせる何かを持っている。それ…

足専門の整骨院で買ったインソールを一日使った感想

15年来の悩みである右足の痛みを改善すべく整骨院でお勧めしてもらったインソールを使ってみた。そのインソールを今日一日使ってみたのでその感想を書いていく。 歩きやすいのはもちろんのこと、足首と膝への負担が少なくなっていることがわかる。普段は一日…

2ズウォティーのモイシュという話を読んで

2ズウォッティーのモイシュと6ズウォッティーのモイシュがおりました。なぜこの二人の時給が異なるのか、その答えは、言われたことだけをしっかりやるモイシュと言っていることの意図を察してその先までやるモイシュという差があるからだ。 [左右の寓話、…

HUNTER X HUNTERのオーラについて考察

オーラとは自信のようなものだと思う。なぜならば、オーラとは鍛錬によって蓄積される「自分にはこれだけできる」といった実績と経験に基づいた確かなできる感。例えば、思春期特有のなんかよくわからない謎の自信、やったことないし全然知らないけどなんか…